ホーム > ブラウザ, CG > 力を測るには一部だけではだめだ。

力を測るには一部だけではだめだ。


IE9

「9」の時代はすぐそこ!:Internet Explorer 9“β版”発表会で知る最新の“動き” (1/5) – ITmedia News
<http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1009/17/news043.html>

さて、IE9については各種メディアが様々な観点で記事を書いています。
Googleのニュース検索で大量に見ることができるでしょう。
UIを見た印象は「Firefox+Chrome」と感じました。
特に、戻る進の「鍵穴」はFirefoxの影響をもろに受けているとしか思えません。
まぁ、このUIの世界は真似されるのが一般的なので、どっちがどうとかは言わないお約束です。
FirefoxにはIE9のダウンロード警告のところをさらっと持ってきてほしいものです。
ダウンロードマネージャーもFirefoxの影響をかなり受けてます。
IEは9になってようやくまともなダウンロードマネージャーを手に入れたわけです。
さて、今回の発表内容でわかるのはMSがかつてない規模で、このIE9を強く推していることです。
まだBETA段階なのにこの規模の発表内容と協力者の数々には驚かされます。
そしてベンチマークではなく実用的なサイトで見せつける圧倒的なパフォーマンスには驚くばかりです。
Firefox4でもGPUを使いますが、IE9はその使い方がかなり上を行っています。
Chrome、Safari、Operaと比べたらGPUの使い方は別次元と言っていいでしょう。
そして、「これはずるいなぁ」と思ったのはWin7との連携です。
WebアプリをあっさりとWindowsに統合しています。
これはWindowsとの連携を取りやすいIEならではのやり方でしょう。
Googleでもここまでうまく統合できなかったわけですから、MSの力を感じるいい例だと思います。
そして、パフォーマンスだけでなく様々な標準準拠が今回の大きな目玉の一つです。
今までの遅れをIE9で一気に取り返す勢いです。
今の段階ではFirefox4はIEに負けてると言わざる得ないでしょう。
勿論部分的には勝っているところもありますが、総合的に見た場合どっちが魅力的に見えるかです。
Firefoxは拡張機能が魅力ですが、今の段階ではその魅力を捨てる方向に向かっているようにしか見えません。
ただ、正式版が出てない現在どっちもまだ、実用的な部分で評価する段階ではないでしょう。
まぁ、MSが本気出すとここまで凄い事はよくわかりました。
後は、周りの陣営がIE9登場前にどんなアドバンテージを示してくるかが注目すべきでしょう。

広告
カテゴリー:ブラウザ, CG
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。