ホーム > ゲーム, 映像 > 今更ながらtorneVer.2.0

今更ながらtorneVer.2.0


長い間使いこんだので、前回と比較してどうなったか、また、新たな問題点はどうなのかについて書いておこうと思います。

  1. 電波の受信レベルが弱いと駄目
    Ver.2.0でも治っていませんこれはハードの問題かもしれないので、諦めることにします。
    さよならTVK・・・。
  2. 音声の設定が無い
    設定が増えませんでした残念。
    まぁ、音声5.1chの映画でもCMは2chステレオですからAACを一括してDTSの各チャンネルに振り分けた方が処理が楽っていえば楽なんですけどね~。
    でも、選択肢は欲しいです。
    Ver.3.0に期待。
  3. 3倍モード
    画質はかなりがんばっていると思いますが、地デジのソース自体がとても汚いので、正直言ってその頑張りが画質に反映しづらい状況です。
    故に、地デジのMPEG2と比べてどれだけ画質が落ちるかか焦点になるかと思います。
    結論から言うと悪くないです。
    むしろ、かなりいい部類に入ります。
    地デジのビットレートは全部で17Mbpsありますが、映像音声で全部使っているわけではないので、元絵はもっと低いビットレートになります。
    そこを基準にして1/3に落とすわけですから、3倍モードで録画されるビットレートは約5.5Mbps程度ではないかと推測されます。
    DVDはSD画質で最高ビットレートは9.8Mbpsです。
    これを考えるとHDで5.5Mbpsというのはかなり厳しいと分かるはずです。
    ちなみにフルHDの場合、無圧縮で1.5Gbpsのビットレートが必要になります。
    地デジの場合はフルHDではないので、元素材のビットレートはこれより低いはずですが、それでも1Gbpsに近い数値のはずです。
    それをMPEG2の10数Mに落として更にMPEG4AVCの5M程度に落とすわけですから、とてつもなく悪くなるはずです。
    素材から比較すれば単純計算でビットレートは1/200以下になっているわけですからその悪さは想像がつくはずです。
    それでも、あそこまで画質をキープしているわけですから、値段を考えるとtorneはかなりいい買い物だと思います。
  4. 追っかけ再生
    30秒飛ばしをすると、追っかけている最後まで飛んでしまう現象が発生します。
    これはバグなのかよくわかりませんが、うまくいく場合と失敗する場合があるのでバグだと思います。
    故に、四角ボタンを押して飛ぶ場所をサムネイル選択すれば特に問題はありません。
    次のバージョンまでこれでしのごうと思います。
    ちなみに、1回しか発生してませんが、追っかけ再生を途中でやめて、録画した番組を見始めたらハングしました。
    仕方がないので強制終了すると、録画していた番組は消滅していました。
    追っかけを途中でやめたときは一旦torneを終了した方がよさそうです。
  5. その他
    何もしてないのに三角ボタンや四角ボタンが押された動作をする怪現象が時々発生します。
    BDを見てるときは発生しないので、torne特有のものかもしれません。
    これも次期バージョンまで様子見をしたいと思います。

取り敢えずVer.2.0で単純なレコーダー機能としては合格点のところにたどり着いてます。
これで文句言う人は素直に専用レコーダーを買った方が良いでしょう。
Ver.3.0が出たらまた何か書きたいと思います。

広告
カテゴリー:ゲーム, 映像
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。