Sandy BridgeのCore i7


「神様」がSandy Bridgeを解説、「K型番以外でも倍率変更可能」
<http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110108/etc_intel5.html>

i7 2600K買いました。
性能うんぬんは他の人に任してトラブルについて書いておきましょう。

マシン構成

CPU i7 2600K 

インテル® Core™ i7 プロセッサー

<http://www.intel.com/jp/products/processor/corei7/index.htm>

マザーボード ASUSTeK Computer Inc. – マザーボード – ASUS P8P67 DELUXE 

<http://www.asus.co.jp/product.aspx?P_ID=FpufhQASBFHNvccl&templete=2>

メモリ Patriot 

8GB

問題

  1. GPUの省電力モードでフリーズ
    これは原因が分かっていません。
    取り敢えず電源オプションで「ディスプレイの電源を切る」の設定を「なし」にして不具合を回避しています。
  2. ガジェットのVistaFaceで表情描画がされなくなる
    これも原因が分かりません。
    対処策もない状態です。
    ただ、設定を開いてOKを押すと一時的に復帰するので、GPUがらみの相性問題かもしれません。

もしかしたら下記の修正版で行けるかもしれません
soft:vistaface [pixass-online]
<http://pixass.online.ac/soft:vistaface&gt;

これぐらいでしょうか?
う~んもっとあったような気がしたのですが、まぁ良いでしょう。
マザーボードのページを見るとBIOSのアップデートが上がっていて、さらにBETA BIOSも上がっているので、まだまだ安定性の面で問題があっても仕方がない状態だと思います。
しかし、これに変えたとたんに世界が変わりました。
速さの次元が前のマシンと比べて笑ってしまい程ギャップがあります。
まぁ、前のCPUがPentiumDの初代だったので余計にそう感じるのですけどね。
それにしても、SSDのポテンシャルを引き出すにはこれほどの力が必要だとは思いませんでした。
SSDに変えた時は正直「速いな~CPU変えなくてもこれ程の能力が出せるならいい買い物だった」と思っていました。
しかし、ここまで速くなると「SSD何やってんの!CPUが遊んでるよ!!!」っていう状態です。
あと、メモリを8GBにしたせいでSSD上にキャッシュがそのままドンと乗っかって大変なことになっています。
大容量メモリを買うときはSSDの空き容量を気にするべきですね。
取り敢えずこんなところかな?

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。