アーカイブ

Archive for 2011年4月

Chrome11は本当に速いか?


窓の杜 – 【NEWS】音声入力API“HTML Speech Input”に対応した「Google Chrome」v11の正式版が公開 <http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110428_443024.html>

確かにJavascriptエンジンは速くなっていますが、描画はGPUアクセラレーションが効いておらず遅いままです。
試しに下のベンチマークで確認してみましょう。

http://ie.microsoft.com/testdrive/Performance/FishIETank/

GPUアクセラレーションが効いているIE9やFirefox4は1000匹表示させても60fpsから落ちることはありません。
ところがChromeは20匹の段階で既に60fps出せない状況に陥ってます。
Chromeは極端なチューニングがされているので、Chromeように調整されたサイト(特にGoogle)は速く表示できるようになっています。
ところが、そうでない一般サイトやHTML5でグラフィックを多用するサイトではそんなにパフォーマンスを出せないのが現状です。
ただ、既に開発版ではGPUアクセラレーションがONに出来るようなので、この問題も時間が解決するでしょう。
しかし、注意すべきなのは盲目的にChromeが速いと思い込むのは止めた方が良いです。
逆にIEが遅いという認識も改めた方が良いです。
いよいよ第2次ブラウザ戦争も中盤戦に入ってきたわけで、誰が死んでもおかしくない状況になってきました。
今後どのブラウザが生き残り、どのブラウザが死んでいくことになるのでしょうか?

カテゴリー:ブラウザ

HTML5ゲームは大変?


ASCII.jp:Flash→HTML5移植は本当か? ハンゲームの事例 http://ascii.jp/elem/000/000/601/601864/

これを見る限り、スマートフォンのブラウザが問題の根底にあるようですね。
あと、スマートフォン自体のパフォーマンスも問題になっているような感じもあります。
キャンバスに関してはブラウザによってはかなり解釈が異なりますし、レンダリングエンジンの違いでパフォーマンスも変わってくるでしょう。
そうなると、結局個別対応することになって標準化とはなんだったのか?という事になります。
しかし、勘違いしないでください、HTML5が使えないというわけではありません。
今はまだHTML5は完成していない物だからこういうことが発生しているだけです。
来年仕様が完成して、その後でてきたブラウザでは結果が異なると思います。
それにしても、仕様が完成する前にこういう事をするメーカーもあるのには感心しますね~。

カテゴリー:ゲーム, ブラウザ

何を今更やってるの?


地デジの新コンテンツ保護方式、「2012年7月まで」に開始――情通審 – ニュース:ITpro <http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110427/359880/?t1>

B-CASカードがここまで出回っていて今更こんな話し合いは意味がないと思っている人は非常に多いです。
しかし、これは物理的な規格の話ではなく、論理的な、つまりソフトで暗号化をかける方式の話です。
これが実現すると何が良くなるのでしょうか?
まず、B-CASにお金を払う必要が無くなります。
これを隠れ蓑にB-CASが焼け太りを起こしたらかないませんが、1社独占よりましな市場が出来る可能性があります。
次に、B-CASカードの紛失や故障の様な機器自体とは関係ない部分での不具合が減ります。
B-CASカードは意外と壊れやすいので、ある日突然録画ができなくなったり、TVが映らなくなったりするという報告は良く聞きます。
これでB-CASは余計に敵視されているわけです。
海外の安い地デジ機器が使えるようになる?
これは疑問点が多い話ですが、B-CASみたいにうるさい仕様で実質国外メーカー排除みたいな事にならなければ実現可能です。
そうすれば¥9800の地デジテレビも夢ではないかもしれません。
画質や性能に関しては酷いでしょうけど、アナログやワンセグよりましな物にはなるはずです。
ただ、録画問題に関していえば何の解決にもなりません。
録画問題の特に孫コピーが出来ない問題を早急に解決しないと録画市場はどんどん縮小するでしょう。
BDを見ればすぐに分かるはずです。
DVDの時と比べて圧倒的に普及率が悪いです。
メディア単価も全然安くなりません。
それはBDに録画するものが不便で仕方がないからです。
ここの部分を大幅に改善しないと日本の録画市場は消滅します。

カテゴリー:地デジ

インスタントはラーメンだけではなかった


グーグル、キーワード入力中に予測した結果を表示する「Googleインスタント」開始:ニュース http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20110426/1031521/

GoogleがIEのツールバーで提供していた機能がWebにもやってきました。
ただ、この機能ONになりっぱなしなので、「良い」と言う人と「うざい」と言う人に極端に分かれています。
それにしてもIMEに干渉しないように作ってあるのはかなり感心します。
Firefoxでも干渉しないのはすごいですね。
これならツールバーの使い勝手も改善してくれればいいのに・・・。
まぁ、これによって検索が更に速く出来るようになるわけですが、問題としては検索を誘導されて、本来とは関係ない事を検索してしまうケースが出てくるかもしれません。
そうなると、検索するという能動的な行動が逆にGoogleに提供される情報を受動的に受け取ってしまうという逆転現象が出てきますね。
なんかGoogleに操られているような気持ち悪さがあるかもしれません。
まぁ、自分で検索したい言葉を最後まで打って、提案を無視すればいいだけですけどね~。
さて、Googleはどこまで人の検索を速くしたいのでしょうか?
最終目的は脳内のスピードと同じ速さだと思いますが、そのような高速検索時代はいつ来るのか予想が出来ませんねぇ。

ミクさん始動!


セガ、新規プロジェクトのティザーサイトがOPEN! | ホビー | マイコミジャーナル <http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/26/001/index.html>

セガがまた何かやらかすみたいです。
こうご期待?ってところでしょうか?
正式発表は28日なので黙ってみておきましょう。

カテゴリー:ゲーム, 音楽

侵攻開始は午前零時


日本マイクロソフト、高速になった「Internet Explorer 9 日本語版」を4月26日午前0時から提供開始 – デジタル – 日経トレンディネット http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20110425/1035324/

遅れていた日本で本日午前零時からIE9が配布されます。
いったいどれくらいダウンロードされるのか分かりませんが、これによってMSのブラウザの行く末が決まってしまうような気がします。
ただ、IE8の時とは違ってPCメーカーも積極的にIE9をプリインストールするみたいでPCを買いなおしたらIE9だったという人が増えるかもしれません。
また、IE8を使っているVISTA、7ユーザーはアップデータした方がIEエンジンを使ってる他のアプリにもいい結果をもたらすかもしれません。
ただ、その逆もしかりなので復元ポイントを作って慎重に行った方が良いかもしれません。
少なくとも、デスクトップガジェットはデフォルト以外は更新されているものが無いか確認した方が良いでしょう。
今までIEに悪いイメージしか持っていない人は真っ先に使うべきです。
様々なところが改善されていて感心することでしょう。
ただし、Firefoxの様な拡張性を求めない様にしておきましょう。
探し始めるとかゆい所に手が届かなくてがっかりするケースが出てきます。
それ以外はIE9はかなり良いブラウザになったと言えます。
これでようやくMSがまともに戦える状態になったわけです。
土台がそろってきたと言う事は、後は創意工夫で勝負するしかありません。
勝負の仕方によってはどのブラウザが勝利してもおかしくない状況です。
使う方は自分に合っているものは何か良く見極めるいい機会になると思います。

カテゴリー:ブラウザ

根本的な問題は解決してない


Firefox、アドオンのバージョン互換ルール変更で短周期リリースに対応 | エンタープライズ | マイコミジャーナル <http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/21/107/>

要は、今までホワイトリスト方式だったのがブラックリスト方式に切り替わるという事ですね。
でも、今までよりリリースサイクルが速いわけですから、2世代過ぎてアップデートされていない物は強制的にブラックリスト入りという事になるようです。
と、いう事は拡張作者は最も長い期間でも半年に1度は拡張機能を更新しなければならなくなります。
これは忙しい人には結構つらいかもしれません。
もしかして、半年更新されていない拡張機能はメンテナンスされていないと見なすと、いう事でしょうか?
いずれにしても、Firefoxが自分で自分の首を絞めない事を祈るばかりです。

カテゴリー:ブラウザ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。