ホーム > コンピューターとインターネット > 再変換以外にも新機能

再変換以外にも新機能


窓の杜 – 【NEWS】再変換に対応した「Google 日本語入力」の最新開発版v1.1.690.100が公開 <http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110419_440686.html>

Google日本語入力に再変換が搭載されたのは結構前の話ですが、今度は手書き文字入力と文字パレットが追加されたようです。
ただ、開発版なので常用にはお勧めできません。
今回、結構クリティカルな問題が修正されていますが、まだ何が潜んでいるかわからないのが開発版です。
常用したい人はじっくり待って正式版を使うのがお勧めです。
ただ、Google日本語入力は地味に改良をどんどん突っ込んできてるので、正式版にはATOKと十分対抗できるほどの実力を備えている可能性があります。
ただ、ATOKと比べると追加辞書がまだまだですね。
Googleならではの情報力で色々な専門用語辞書を出していくと面白い事になるかもしれません。
勿論、それを常に自動更新すれば完璧だと思います。
そういえば、IME2010も辞書が自動更新されますが、その期間が若干長いのが気になりますね。
月1ぐらいの頻度ならいいのですけどね~。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。