Crome14登場


「Chrome 14」が安定版に、Native Clientを標準装備 | パソコン | マイコミジャーナル
<http://journal.mycom.co.jp/news/2011/09/17/013/index.html>

Google、オーディオ機能やLion対応を盛り込んだ「Google Chrome 14」の安定版リリース – ITmedia エンタープライズ
<http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1109/18/news010.html>

Chromeの場合、バージョンは殆ど意味を成さないのですが、今回は新機能が搭載されています。
Firefoxでは既に搭載されていますが、今回ChromeではAudioAPIが搭載されました。
これによって、ブラウザ上で音楽やSEなどの制御が容易にできるようになります。
もしかしたら、これで作曲する人が出てくる世の中になるかもしれません。
あとは、ネイティブクライアントのサポートですね。
Googleは本当にChromeをOSの代わりにしようとしているみたいです。
ネイティブクライアントのサポートにより、C、C++などの言語で作られたプログラムがブラウザ上で動作するようになります。
これによってアプリケーションの処理速度は飛躍的に高くなるわけですが、同時に出来ることが多くなる分だけ危険性も高くなる可能性があります。
まぁ、サンドボックス状態で使うと思うので、今までのデスクトップアプリと同じ感覚で注意すればいいと思います。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。