速くなるらしいけど


WiMAX上り速度の高速化について | UQ WiMAX – ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット
<http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201111142.html>

モバイルインターネット接続では結構なユーザー数がいるUQですが、今度上りの速度を1.5倍にするそうです。
でも、64QAMを使って速度を上げるということは、電波の品質がかなり良くないとこの速度は出せません。
もしかしたら、基地局の直下ぐらいじゃないと出ないかもしれません。
また、変調方式が増えるということは、それだけ端末の切り替え能力が優秀でないと、16QAMに移動したり64QAMに移動したりを繰り返して逆に速度が遅くなる可能性もあります。
しかもWiMAXは上りでMIMOは使ってないはずですから、この影響が顕著に出る可能性があります。
この辺をどの様に克服しているのかが興味深いところです。
それにしても、来年からWiMAX2を実験的に始める前に、この様なテコ入れをするとはLTEへの牽制を考えての事でしょうか?
でも、LTEは料金的な仕組み上、使い勝手が悪すぎるので、あまり気にする必要は無い気がします。
ヘビーユーザーは青天井料金か、128kbpsに落ちるかの2択しか無いのですから。
LTEでは動画サービスを積極的に宣伝してますが、7GB制限ではあっという間に上限に達して月の残りの長い日数を128Kbps生活するしか無いでしょう。
LTEなのに速くない、しかも高い・・・これで意味があるのか?
この生活と比べればWiMAXの方がサービスとしてはかなりいいと思います。
ただ、WiMAXも良い面だけではないので、使い道によって選択するのがベストとしか言い様がないですね。
本命はWiMAX2だと思うので、増速サービスが始まったら色々レポートを見て見ることにしましょう。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。