アーカイブ

Archive for 2013年4月

倍になって何が変わる?


下り最大2Gbpsの光サービス、So-netが開始 新ブランド「NURO」 – ITmedia ニュース
<http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1304/15/news099.html>

今までは、家庭向けFTTHサービスの最高速度は1Gbpsでした。
しかし、今後2Gbpsのサービスを今度は始めるようです。
でも、1Gbpsどころか100Mbpsも使いこなしていない人が大半だと思いますが、これ以上のスピード競争がなにか新しいサービスを生み出すとは思えないんですよね。
それどころか、極端な話、2Gbpsを4980円で提供するよりプライベートIPでも200Mbps498円で提供してくれる方が嬉しい人が多いのではないでしょうか?
まぁ、技術的な問題や管理費用とかメンテナンス費用とか色々あるのでこんな安売りは出来ないわけですが、他のサービスより大幅な割安感があればかなりいい線いくと思うんですけどね。
まぁ、今回のサービスは多分PONで割れる数が1Gbpsの時と変わらないから2Gbpsで言っても問題ないんじゃね?ってのりでインパクト優先で発表した物ではないでしょうか?
ただ、こうなると西日本では2Gbps競争が始まるのかな?
それとも現在のサービスを更に安く提供する方法を考えて来るのでしょうか?
10Gbpsが来るまで競争が始まらないと思っていたのですが、意外と早くまたFTTHの速度競争が始まるかもしれませんね。
まぁ、消費者としては安く使えたほうが嬉しいですけどね。

広告

いいとこ取りなはずだけど


ノートとタブレットのいいとこ取り──脱着式Ultrabook「ThinkPad Helix」登場 – ITmedia ニュース
<http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1304/09/news105.html>

面白い製品が出て来ましたけど、肝心な部分の仕様がわからないです。
この手のものでペンの筆圧が2048段階なのは今までにないと思います。
ただ、このペン、傾き検知は出来るのでしょうか?
その部分の仕様が何処にも書いてないんですよね。
PDFのカタログも見ましたけど、そのへんの詳細が全く分かりません。
これも実物触らないとダメかな?

結局は仲違いか。


ASCII.jp:新Webエンジン「Blink」—GoogleはなぜWebKitを捨てたか? (1/3)
http://ascii.jp/elem/000/000/778/778554/

まぁ、どっちの企業も技術的にわがままし放題ですから当然の結果とも言えますね。
最初GoogleはMozillaに支援していましたが、Mozillaが思い通りに開発してくれないことが分かるとChromeを作り、自分たちの思い通りのブラウザを作ることにしました。
でも、内部エンジン部分もわがまま言いだすとなるとAppleと衝突するわけで、結果、こうなってしまったのでしょう。
まぁ、これはこれでお互いに良いことがありそうなので良しとしましょう。
でも、Appleは結局敵を増やしただけで損しているような気もしますが、この話を読む限り自業自得ですね。
でも、MozillaとGoogleは次世代エンジンの開発に向かっていますが、IEはどうなるのでしょうか?
取り敢えず、今年中には11が出てきそうな感じですが、よくわかりません。
しかし、GoogleのBlinkは10週間以内にChromeに反映させるとはかなり速い開発スケジュールで進んでいるようですね。
コードが整理されてどれだけ速くなるか見ものですね。

これがプロの仕事か?


『ボーカロイド歌謡祭 2013(春)~初音ミクから生まれた新たな音楽の世界~』 – とれたてフジテレビ
<http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2013/s/130402-s020.html>

えーっと、突っ込みどころが多過ぎてネット上では様々な人がツッコミを入れているこの番組。
放送前から嫌な予感はしていましたが、まさかここまで批判されるとは・・・。
さて、全部が悪かったのかと言うとそうでもない部分もあるので、良かった所を少しだけ上げておきましょう。
悪い所は長文になってしまうのでさらりと書きます。突っ込めば突っ込んだ分だけきりがないので。

  1. 全体的な流れはオーソドックスなスタイルで、基本的な構成自体は悪くなかったかと思います。
  2. GACKTさんを呼んだことによって声優以外のVOCALOIDの存在感を出した所。
  3. SEGAモデルのミクさんを使った所。

以上。
褒める所はこれぐらいしか無いです。(^^;
非常に悪かった所

  1. 情報の下調べが雑すぎる。
    はっきり言って提供される情報全てが「突っ込んで!」と言っているぐらい雑です。
    もう少し何とかならなかったのでしょうか?
    特に誤字なんて最初から辞書登録しておけばスペルチェックの時点で気がつくイージーミスです。
    そこまで製作期間が無い番組だったのでしょうか?
  2. 映像作りが粗雑
    生番組じゃないんですからARにする必要は無かったのではないでしょうか?
    ARにしてしまったせいでフレーム落ちポリゴン崩壊などがかなり見られました。
    あと、MMDに頼りすぎではないかと思います。
    MMD自体は良いソフトですが、今回の状態を見ると使い慣れてないソフトで強引に作った感じがもろに出てしまって痛々しいです。
    最後に出てきたミクさんも急ごしらえな感じが物凄くします。
    マイク持つ手元がかなり雑で、ラフモデルを借りてきたのかと思わせるぐらいです。
    SEGAさんの苦労が台無しです。
    カメラワークも最悪です。
    まるで素人が撮影したのかと思わせるぐらい酷いです。
    いや、素人のほうが上手く撮ってるかもしれません。
    「取り敢えずローアングル撮っておけば視聴者サービスになるだろ?」っていう感じの絵作りばかりで呆れました。
  3. 司会者の存在意義が「?」
    男性司会者は居ても違和感はなかったのですが、女性司会者が・・・。
    何から書いて良いのか分からないくらい突っ込みどころが多すぎです。

えっと、深夜番組なんで予算が無いのはわかります。
ただ、「GACKTさんを呼んじゃったから予算使い果たしちゃった(テヘペロ)」みたいなのは勘弁して欲しいです。
更に、この程度の番組をオンデマンドで流して金とる根性が情けないというか卑しいというか、「オタクはミクさん出てりゃかね払うだろ?」的な根性が見え見えなのが痛々しい。
申し訳程度の無料配信時間が火に油を注いでる点も突っ込みどころでしょう。
金とるなら最初からそうしとけば、余計な話題を産まずに済んだのに・・・!これが炎上マーケティングか!!!
これを書いてる時点でフジの戦略に乗せられているような気もしますが、フジテレビってこの程度の番組を平気な顔で流せる質の低い局にまで落ちたのだなと実感しました。

Servoに乗り換える?


MozillaとSamsung、Android向け新レンダリングエンジン「Servo」を発表 – ITmedia ニュース
<http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1304/04/news039.html>

なんか今日はエンジンに関する話題が多いですが、MozillaもGeckoにかわる新しいレンダリングエンジンを開発している様です。
ただ、Samsungと開発していることを気にする人が多いようですが、今のところアンドロイドへの移植に関してサポートしているだけのようですので、プログラム自体には干渉していないようです。
ただ、それもいつまで黙っていられるのかが問題だと思いますが。
そもそも、Gecko自体の老朽化がかなり進んでいるので、新しいエンジンが必要な時期になっているのはよくわかります。
故に、Geckoを作り直すのではなく根本的に作り直したほうが早いという結論になったのでしょう。
何れにしても、試作が見られる様になるのは1年ぐらいかかりそうなので、直近のことはまだGeckoエンジンに組み込む形を取っていくことになります。
MozillaはOpenの思想を貫き通すことが出来れば、新エンジンになっても問題は無いと思います。
ただ、Samsungが色々ちょっかいを出してくる様になると色々火種が発生して自壊してしまうかもしれません。
後、気になるのは互換性ですね。
特に拡張機能の互換性は無くなってしまう可能性が非常に高いので、変換ツールなのど提供が期待されるところだと思います。
もしかしたら、XULに頼らない拡張機能は問題なく移行できるかもしれませんが、数が少ないので、やはりXUL系の拡張機能を活かす方向を考えたほうが良いと思います。
過去の遺産を全部投げ捨ててGoogleに勝てるような気がしないので。

気に入らないなら株分けを


ニュース – Google、Chromeのレンダリングエンジンを「WebKit」から「Blink」へ:ITpro
<http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130404/468561/>

GoogleはWebkitを分岐してBlinkと言う新しいエンジンを開発するそうです。
しかし、そうなるとWebkitとその亜種ができる様な物ですから、後になってそれぞれの仕様の違いが出てきて怖いような気がします。
ただ、ブラウザベンダーが一つのエンジンに集まりすぎて、それぞれの思惑によって開発が停滞するのは避けたかったのでしょう。
故に、Googleの言うことを聞かせる影響力の大きいプロジェクトを立ち上げたかったのではないでしょうか?
ただ、OperaはこのBlinkを採用するという話も出てきてるので、もしかしたら脱Appleを狙った話しなのかもしれません。
いずれにせよ、直ぐには影響がある話ではないので、情報を集めることが先でしょう。

Firefox20登場


Mozilla、「Firefox 20」を公開 – 窓の杜
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20130403_594301.html

ついに20の大台に突入しました。
4が出てからここまで来るのがえらく速かったように感じます。
さて、今回目立った変更ではダウンロードマネージャーが単独では無くなってしまったことです。
これは地味に不便になりました。
ただ、履歴に統合されたのは評価出来ますが、その履歴とダウンロードの状況表示が連動していなくて混乱があります。
ただ、21には改善されるようなので混乱は一時的なものでしょう。
目立たない改善点としては、起動速度が10%ほど短縮されています。
環境によっては体感でわかる速度変化ですが、この程度の改善は直ぐに慣れてしまうでしょう。
やはり本命は今年の6月に出る22でしょうか?
asm.jsがどれ程の実力かは他の情報を見ていただければわかると思いますが、これのお陰でWebが革命的に変わる可能性があります。
ネイティブアプリ並のWebアプリケーション、ゲームソフトが出てくるようになれば、パッケージ販売自体の構造が大幅に変わるかもしれません。
ちなみに、これがFirefoxに採用されるとChromeをアッサリ抜き去る速度をFirefoxが手に入れることになります。
故に、Googleもこのテクノロジーに注目しているわけで、今年、ブラウザは極端にスピードアップする年になるかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。