これがプロの仕事か?


『ボーカロイド歌謡祭 2013(春)~初音ミクから生まれた新たな音楽の世界~』 – とれたてフジテレビ
<http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2013/s/130402-s020.html>

えーっと、突っ込みどころが多過ぎてネット上では様々な人がツッコミを入れているこの番組。
放送前から嫌な予感はしていましたが、まさかここまで批判されるとは・・・。
さて、全部が悪かったのかと言うとそうでもない部分もあるので、良かった所を少しだけ上げておきましょう。
悪い所は長文になってしまうのでさらりと書きます。突っ込めば突っ込んだ分だけきりがないので。

  1. 全体的な流れはオーソドックスなスタイルで、基本的な構成自体は悪くなかったかと思います。
  2. GACKTさんを呼んだことによって声優以外のVOCALOIDの存在感を出した所。
  3. SEGAモデルのミクさんを使った所。

以上。
褒める所はこれぐらいしか無いです。(^^;
非常に悪かった所

  1. 情報の下調べが雑すぎる。
    はっきり言って提供される情報全てが「突っ込んで!」と言っているぐらい雑です。
    もう少し何とかならなかったのでしょうか?
    特に誤字なんて最初から辞書登録しておけばスペルチェックの時点で気がつくイージーミスです。
    そこまで製作期間が無い番組だったのでしょうか?
  2. 映像作りが粗雑
    生番組じゃないんですからARにする必要は無かったのではないでしょうか?
    ARにしてしまったせいでフレーム落ちポリゴン崩壊などがかなり見られました。
    あと、MMDに頼りすぎではないかと思います。
    MMD自体は良いソフトですが、今回の状態を見ると使い慣れてないソフトで強引に作った感じがもろに出てしまって痛々しいです。
    最後に出てきたミクさんも急ごしらえな感じが物凄くします。
    マイク持つ手元がかなり雑で、ラフモデルを借りてきたのかと思わせるぐらいです。
    SEGAさんの苦労が台無しです。
    カメラワークも最悪です。
    まるで素人が撮影したのかと思わせるぐらい酷いです。
    いや、素人のほうが上手く撮ってるかもしれません。
    「取り敢えずローアングル撮っておけば視聴者サービスになるだろ?」っていう感じの絵作りばかりで呆れました。
  3. 司会者の存在意義が「?」
    男性司会者は居ても違和感はなかったのですが、女性司会者が・・・。
    何から書いて良いのか分からないくらい突っ込みどころが多すぎです。

えっと、深夜番組なんで予算が無いのはわかります。
ただ、「GACKTさんを呼んじゃったから予算使い果たしちゃった(テヘペロ)」みたいなのは勘弁して欲しいです。
更に、この程度の番組をオンデマンドで流して金とる根性が情けないというか卑しいというか、「オタクはミクさん出てりゃかね払うだろ?」的な根性が見え見えなのが痛々しい。
申し訳程度の無料配信時間が火に油を注いでる点も突っ込みどころでしょう。
金とるなら最初からそうしとけば、余計な話題を産まずに済んだのに・・・!これが炎上マーケティングか!!!
これを書いてる時点でフジの戦略に乗せられているような気もしますが、フジテレビってこの程度の番組を平気な顔で流せる質の低い局にまで落ちたのだなと実感しました。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。